fc2ブログ

東日本大震災・福島原発事故と生きるブログ

3.11東日本大震災に遭い、福島原発事故に直面。大熊町へ戻れる日はいつなのか、避難暮らしを通して地震災害情報、大熊町の情報、避難先の情報、復興への道のりをつづるブログです。

Top Page › Archive - 2011年04月
2011-04-18 (Mon)

ブログを休止いたします

とても短い間でしたが、今日をもってブログを休止致します。...

… 続きを読む

負けないで! * by 広野うし
いただいたコメ、意見に負けるな、ではありません。
いろんな考えの人がいて当然です。みなそれぞれ大事にするもの、大切だと思うこと、違って当然です。そして同じくらい思いが深くても、叶う人もいれば、あきらめなければいけない人もいるでしょう。どちらも割りきれませんが、仕方のないことです。
今の自分を生かしてくれている状況に感謝して、精一杯周囲に恩返ししていくだけだと思います。

sachiさん、ありがとう。
役立つ情報の収集に奔走する姿(想像)、一生懸命の姿勢に勇気もらいました。本当にありがとう。


・・・毎日ここさ来っからよ、また 話 聞かせてくんにぇげ~?
早く 聞かせてくんつぇーな! 待ってっから!

はじめまして * by びびんば
びびんばと申します。
大仙市に非難されているさちさんのブログ(ツイッターも)を見つけて以来、ずっと見守らせて頂いておりました。
(ちなみに、私は秋田市に住んでいます。)
上手くは言えませんが、大熊町の方々がいつか大熊町に帰ることを願って、さちさんが一生懸命善意をもって情報発信している事を、このブログにいらしている殆どの方(私含む)がご存じだと思います。

さちさんを始め、大熊町の方々、そして遠い地で非難されている浜通りの住民の方々が、一日も早く元々住んでいた地に戻る事が出来ることをお祈り致します。

お疲れさまです * by モコ
3週間お疲れさまでした。

被災したことをミクシィーの日記で見つけてから約1ヶ月。本当に今日まで毎日毎日大変でしたね。

「誰かの役に立てれば」という強い気持ちがあったからこそ、避難先でパソコン購入もいち早くやって、自分のことは後回しで、ブログをいちはやく開設し更新していた行動力にたたただスゴいなぁと感心しておりました。

私も仕事で広報という立場でホームページも手掛けているので分かりますが、情報収集するだけでも大変な労力を使います。
それを「誰に向けて発信するのか?」を意識してキーワードを選定したり、分かりやすいように文章に組み立てる作業というのは時間もかかる上に大変です。

本来ならば被災して、自分のことで精一杯が普通でしょう。ブログ開設や更新している時間を自分のために使っていれば、気持ちも楽だったし、不快な思いもしなくて済んだことでしょう。

ただただ「みんなの役に立ちたい!」「ミクシィもツイッターも知らない、携帯しか持ってない人にも情報収集出来るようにしてあげたい」「被災した自分だからこそ伝えて上げたい思いがある」という気持ちが使命感が、3週間更新し続けた原動力だったと思います。

ブログ記事に関し

残念です! * by NICO
私も大熊町から避難中で毎日blogを拝見させて頂きました。同じ大熊町民としてblogの記事に一喜一憂していました。いろんな考え、想いがあるのは当然で仕方のない事ですが、少なくとも私は、sachiさんのblogのおかげで希望を持てたのです。大熊町の情報も分かりやすく、参考になりました。本当に休止してしまうんですか…?
寂しいです…。

一日も早く、原発が収束して、大熊町に帰れる日を願っています。
そして、sachiさんの心が落ち着いて、ひょっこりblogを再開して頂けるように心の中で願っています。

一時帰宅はじまりますね * by 広野うし
ニュースに気持ちがはやってドキドキしてるんじゃないですか?
順番が早く回ってくるといいですね。

Re: ブログを休止いたします * by coco
NICOさんと同じ気持ちです。又ブログ再開してください。
離れたところで大熊町を思っています。どうぞすこし心癒してまた「はじめましょう!!」ってお願いします。

失礼致します。 * by トミー
今は、皆が神経質になっています。
自分の事しか考えられない状況になっています。

一人の勝手な行動で、沢山の方に迷惑や影響を与える事があります。
だからコメントで忠告されたのではないでしょうか。

しかし、今回の記事が第三者に迷惑をかけているとは思いません。
まず本人が行った訳では無いですし、しっかりスクリーニングして何も無かったという事であれば、特に問題は無いかと思います。
行ってはいけない場所に行くかどうかも、最終的には自己責任ですし、管理人様はそれを促すような事を記事で書かれた訳でもありません。

なので、気を落とされませんように。。


私はどんな生き物でも、命が救われたのはとても素晴らしい事だと思います。

人がそこに居れば救い出すのに、動物は殺してしまうという考え方は私には納得出来ません。

皆様の幸せを願っています。

皆さん本当にありがとうございます * by sachi@管理人
こちらにコメントをくださった皆さん、twitterで励ましてくれた皆さん、直接メールをくれた友達、本当にありがとう。どれだけ救われたかわかりません。

ぽっきり折れた心はなんとか修復することができ、復活することに決めました。

人には色んな意見や考えがあり、コメントをもらうたびに心を折ってしまったのではこの先続けてはいけないですね。前を見てまた活動して行きますよ!

絶対大熊町に帰れると信じて。

Comment-close▲

2011-04-18 (Mon)

大熊町役場決定事項「仮払補償金」について

4/18のブログ大熊町にて仮払補償金についての決定事項が発表されました。●補償金を受けるためには3月11日(金)時点での「住民票謄本」が必要●住民票謄本は町で準備し、個人避難している方へは郵送等で案内する予定●連絡先 大熊町役場 企画調整課 電話 0242-26-3844 (代表)決定事項と言っても「予定」ですのでご了承下さい。東電では4月末から支給したいと言ってるわけですから、すぐ進めないと間に合わないですね。通常業務の他...

… 続きを読む

2011-04-17 (Sun)

福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋

東電社長による発表があった、福島第一原発・事故の収束に向けた道筋がプレスリリースされています。→福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋例によって大熊町への詳細説明等は一切ないため、この件についても大熊町役場へ問い合わせはしないようにしてください。...

… 続きを読む